ペットフードの栄養基準を定める団体「AAFCO」とは

AAFCO

日本のドッグフードの栄養基準はアメリカのAAFCOという団体が定める栄養基準を準用しています。

ドッグフードのことを調べているとAAFCOってよく聞くけど一体何のことだろう?

そう思っている飼い主さんのために、今回はAAFCOについて詳しくご説明します。

AAFCOとは

AAFCOのロゴ

「The Association of American Feed Control Officials」の略称で日本語では「米国飼料検査官協会」になります。
「アフコ」または「アーフコ」と読みます。

AAFCOはペットフードの栄養基準やラベル表示に関する基準を制定しているアメリカの団体です。
民間組織ですが、構成メンバーは州または連邦政府の役人でなければいけません。

また、注意しておきたいのは、AAFCOには法律を強制させる規制当局がないことです。
つまり、AAFCOはペットフードの認定や承認を行う検査機関ではありません。

そのため、AAFCOの栄養基準を満たしていることを表現する場合、「AAFCO認定」「AAFCO承認」「AAFCO合格」というような表記ではなく、「AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準をクリア」が正しい表示例になります。

 

AAFCOの定める栄養基準

ドッグフードが「総合栄養食」として販売されるためには、AAFCOによって確立された栄養基準を満たさなければなりません。

栄養基準は、次の2つの成長段階に基づいて定義されます。

  • 成犬・維持期
  • 成長・繁殖期(妊娠・授乳期)

両方の栄養基準を満たしている場合は、全てのライフステージに適したドッグフードとしての販売が可能です。

具体的な数値について知りたい場合は、AAFCOが定める栄養基準(2016年版)についてまとめた、下記のペット栄養学会誌をご覧ください。

タンパク質・脂肪
AAFCO2016年版における犬猫の栄養素プロファイル概要(前編)

ミネラル・ビタミン・その他
AAFCO2016年版における犬猫の栄養素プロファイル概要(後編)

 

総合栄養食と表示するためには

「総合栄養食」と表示をするためには各事業者が自らの責任において定められた試験を行わなければなりません。

方法は次の通りで、いずれかで検証されている必要があります。

  1. 製品の分析試験の結果を施行規則の栄養基準と比較し、栄養成分の基準に合致しているかを証明する「分析試験」
  2. 実際に給与試験を行って総合栄養食であると証明する「給与試験」

 

総合栄養食の基準を満たしていない場合

AAFCOのいずれの栄養基準も満たしていないフードは、一般社団法人ペットフード協会によると、下記のように表記されます。

副食・おかずタイプ
  • 一般食(おかずタイプ)
  • 一般食(総合栄養食といっしょに与えてください)
  • 副食
  • ふりかけ
栄養補助食
  • 栄養補完食
  • カロリー補給食
  • 動物用栄養補助食(動物用サプリメント)

※間食(おやつやスナック)、療法食の表記は除く

 

AAFCOの基準をクリアしていれば安心?

AAFCOの基準をクリアしているフード、いわゆる「総合栄養食」であれば安心といえるのでしょうか?

実は、それだけでは安心とは言い切れません。
なぜなら、AAFCOはペットの健康に不可欠とみなす栄養素の最小値もしくは最大値を定義しているだけだからです。

たとえば、AFFCOでは成犬期のドッグフードに少なくとも18%のタンパク質が含まれている必要があるとされていますが、18%のタンパク質が犬にとって理想的な量であることを意味しません。
実際、犬にとっては25%に近いレベルのタンパク質が良い場合もあります。

また、ペットにとって好ましくない原材料を使ってもAAFCOの栄養基準はクリアできます。
AAFCOは原材料の質の良し悪しを保証するものではありません。

そのため、極端な言い方をすれば「基準値以内であれば、どんな原材料を使ってもいい」ということになります。

よって「AAFCOが定める栄養基準を満たしている」=「安全である」とは言い切れないのです。
ドッグフードを選ぶ際は、「AAFCOだから安心」と決めつけず、原材料をしっかり確認するようにしましょう。

安全なドッグフードの選び方はこちらの記事をご覧ください。

愛犬を抱く飼い主

ドッグフードの正しい選び方 | フード選びで大切な5つの基準

2019年8月6日

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です