ペットフードの栄養基準を定める団体「AAFCO」とは

AAFCO

主食としてのペットフードを選ぶなら「総合栄養食」という表記を確認しなければいけません。

総合栄養食とは、ペットの成長段階ごとに栄養の基準が決められていて、このフードと水だけで健康を維持できる栄養バランスが整っているフードのことです。

実は、日本の栄養基準はアメリカのAAFCOという団体が定める栄養基準が採用されています。
いったいAAFCOとはどんな団体なのか、そんな疑問をもつ飼い主さんのために、今回はAAFCOについて詳しくご説明します。

AAFCOとは

AAFCOのロゴ

AAFCO(読み方:アフコ)とは、「米国飼料検査官協会」のことです。
「The Association of American Feed Control Officials」の頭文字をとってAAFCOになります。

AAFCOはペットフードの栄養やラベル表示の基準、原材料の定義づけなどを行っているアメリカの民間団体です。

民間の団体ですが、メンバーは連邦政府や州政府の職員でなければなりません。
各州や地域の動物飼料検査官、FDA(食品医薬品局)の連邦政府職員、そしてカナダとコスタリカの政府代表で構成されています。

AAFCOが定めた栄養基準は日本のペットフード公正取引協議会の規約に反映され、それがペットフードの栄養基準となっています。

AAFCOの定める栄養基準

ペットフードが「総合栄養食」として販売されるためには、AAFCOによって確立された栄養基準を満たさなければなりません。

栄養基準は、次の2つの成長段階に基づいて定義されます。

  • 成長・繁殖期(妊娠・授乳期)
  • 成熟・維持期

成熟・維持期の犬や猫では、過剰供給を避けるためにいくつかの栄養素で推奨値が低く設定されています。

また、成長期・繁殖期の要求量に合致していれば成熟・維持期の栄養要求最小値を満たしていることになるため、全目的用フード(オールステージ)としての販売が可能です。

具体的な数値について知りたい場合は、AAFCOが定める栄養基準(2016年版)についてまとめた、下記のペット栄養学会誌をご覧ください。

タンパク質・脂質
AAFCO2016年版における犬猫の栄養素プロファイル概要(前編)

ミネラル・ビタミン・その他
AAFCO2016年版における犬猫の栄養素プロファイル概要(後編)

総合栄養食と表示するためには

「総合栄養食」と表示をするためには各事業者が自らの責任において定められた試験を行わなければなりません。

方法は次の通りで、いずれかで検証されている必要があります。

  1. 製品の分析試験の結果を施行規則の栄養基準と比較し、栄養成分の基準に合致しているかを証明する「分析試験」
  2. 実際に給与試験を行って総合栄養食であると証明する「給与試験」

総合栄養食の基準を満たしていない場合

AAFCOのいずれの栄養基準も満たしていないフードは、下記のように表記されています。

副食・おかずタイプ
  • 一般食(おかずタイプ)
  • 一般食(総合栄養食といっしょに与えてください)
  • 副食
  • ふりかけ
栄養補助食
  • 栄養補完食
  • カロリー補給食
  • 動物用栄養補助食(動物用サプリメント)

※間食(おやつやスナック)、療法食の表記は除く

AAFCOの基準をクリアしていれば安心?

AAFCOの基準をクリアしているフード、いわゆる「総合栄養食」であれば安心といえるのでしょうか?

基本的には問題ありませんが、原材料の品質と消化性によっては栄養が足りなかったり、逆に多すぎたりする場合があります。

というのも、AAFCOはあくまでペットの健康に不可欠とみなす栄養素の最小値もしくは最大値を定義しているにすぎず、原材料の品質や消化性を保証するものではないからです。

たとえば、AFFCOでは成犬・維持期のドッグフードには少なくとも18%のタンパク質が含まれている必要があるとされていますが、原材料の品質と消化性によっては特定の栄養素が足りなくなる場合があります。

また、成犬・維持期の犬に成長期用または全ライフステージ対応のドッグフードを与えると、生物学的要求よりも過剰な栄養素が供給される可能性もあります。

なので、大切なのはパッケージを見て、飼っているワンちゃんのライフステージに合致したドッグフードを買うことです。
成長期であれば成長期用(または子犬用)と書かれたフード、成犬期であれば成犬用と書かれたフードが売っています。

そして、犬の成長段階に合わせて与えるフードをその都度変えることも大切です。
もっとこだわるならば、原材料名まできちんと目を通してフードを選びましょう。

 

なお本稿は以下を参照して執筆しています。

ペットフードの種類|一般社団法人ペットフード協会
ペットフードの表示に関する公正競争規約 | 一般社団法人全国公正取引協議会連合会(PDF)
The Association of American Feed Control Officials
・岩崎利郎、辻本元監修(2014)『小動物の臨床栄養学 第5版』マーク・モーリス研究所日本連絡事務所出版, p.226, pp.301-302

 

 

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※ コメントを送信後、何も表示されませんが管理人が内容を確認し公開しますのでしばらくお待ちください。